平成30年度 東華学校遺址碑碑前祭および宮城県支部総会開催

Posted by on 5月 3, 2018 in 未分類
平成30年度 東華学校遺址碑碑前祭および宮城県支部総会開催

2018年度「東華学校遺址碑」碑前祭

平成30年6月9日(土)    午後2時より、仙台市若林区 JT仙台支店敷地内にて碑前祭が実施されました。

ご来賓として、同志社大学 濱 吉輝副学長および同志社校友会 児玉正之副会長をはじめ、

仙台二華会(仙台二華高同窓会)  真壁会長様などのご臨席をいただき約40名の参加を得て行われました。

林 副支部長の開会宣言に始まり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校友の小西仙台北教会牧師のもと、全員で賛美歌234番Aを斉唱しました。

阿部 兼明支部長の式辞

 

濱 同志社大学副学長の来賓挨拶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児玉同志社校友会副会長の来賓挨拶

 

校友高橋グリークラブOBの指揮によるカレッジソング斉唱

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、ご来賓による献花が行われ碑前祭は無事終了しました。

 

 

宮城県支部総会について 

好天に恵まれた6月9日、「東華学校遺址碑」碑前祭参列者と、支部総会出席者、記念講演聴講者が、午後3時30分総会会場となる江陽グランドホテルに三々五々集まりました。

総会開催に先立ち、記念写真の撮影からスタ-トし、阿部支部長のあいさつで総会を開始しました。

 

毎年この日の阿部支部長は、「碑前祭での式辞」・「支部総会でのあいさつ」そして「懇親会でのあいさつ」と三通りのあいさつをこなさなければならない一日です。

開会あいさつの中で、昨年行われた東華学校開校130周年への取り組みや、「同志社フェアIN仙台」の実施状況などを報告説明しました。特に、「同志社フェアIN仙台」に関して、大学の行事運営・翌日の見学ツア-等の支援、校友会本部の小冊子「東華学校ものがたり」制作に対する人的経済的支援・PR活動・碑前祭開催などの協力についての御礼の言葉が述べられました。

 

続いて、校友会本部児玉副会長様からは、昨年の東華学校開校130周年記念「碑前祭」開催に対する宮城県支部、北海道・東北ブロックの尽力についての感謝の言葉と、2025年の同志社大学創立150周年に向けた校友会の活動についての説明がありました。

 

 

記念講演会では「戊辰戦争と仙台藩」と題して、副会長に選任された伊勢育哉校友からお話ししていただきました。

今年は、戊辰戦争150年に当たり、タイムリ-な内容で好評を得ました。伊達藩が、京都藩邸に情報組織を構築していなかったことなどがその後の藩の意思決定に大きな影響を及ぼしたことに言及するなど、興味深い内容でした。

 

 

懇親会では、濱同志社大学副学長様から2015年に向けた大学の取り組みについてお話を頂き、そののち東北各地区支部の代表者からごあいさつを頂きました。

千葉 薫充幹事の司会のもと、楽しいひと時を過ごし、新入会員紹介がありカレッジソングを斉唱し、富田相談役の閉会挨拶で終了しました。

 

「ご来賓」

学校法人同志社 副学長 濱 𠮷輝様
同志社校友会     副会長 児玉 正之様

理事(北海道地区) 北海道支部長代理 山川 寛之様
理事(東北地区)兼福島県支部長 山下 勝弘様
青森県支部長 佐藤 光彦様
岩手支部事務局長 池野 史明様
秋田県支部長 冨野 和夫様
山形県支部副支部長 宮崎 亙様
福島県支部 事務局 竹内 和夫様
委 員 河上 聰朗様
委 員 伊藤 英男様

同志社大学校友課係長 西口 和哉様

参加者数  34名

(文責 林 副支部長)