第五回「東華学校遺址碑」碑前祭

Posted by on 6月 18, 2017 in 活動報告
第五回「東華学校遺址碑」碑前祭

2017年6月17日、五回目となる「東華学校遺址碑」碑前祭が行われました。

今回は、1887年6月17日に新島襄・八重ご夫妻が臨席して挙行された東華学校開校式から

130周年の節目であり、また同日「同志社フェアin仙台」が行われることもあり、全国から

200名を超える多数の校友の参加を得て実施されました。

 

 

 

 

 

同志社校友会宮城県支部 林副支部長の司会により、讃美歌234番Aの斉唱のあと、

阿部兼明支部長の式辞があり、

 続いて同志社大学学長松岡 敬様、同志社校友会副会長中村友一様からご来賓挨拶

を賜りました。

 

 

 

 

 

 

カレッジソング斉唱のあと、ご来賓により碑前に献花が行われ、碑前祭は終了しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宮城県支部では、毎年、支部総会開催日に「碑前祭」を実施します。

 新島先生の想いと同志社分校の東華学校を後世に伝えるためにも、校友の皆様は是非ご参加ください。


同志社校友会宮城県支部では、2012年に、「東華学校」が閉校(1892年)から120周年、

「東華学校遺址碑」が建立されてから80周年になることから、その歴史を広く知らしめ、

新島襄と東華学校同窓生の思いを後世に伝えるために、「碑前祭」を企画し、

毎年継続して実施しています。

 

「東華学校」開校式が、1887年6月17日に、新島襄先生・八重夫人が臨席され盛大に

挙行されたことから、「碑前祭」を、毎年6月第二土曜日に実施するものです。